新型ヴェルファイアの値引き情報まとめ

下取りは絶対に一括査定サイトを使うべし!

 

 

下取りは絶対に一括査定のサイトを使って下さい。
これ重要なんです。

 

 

例えば、ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あるからです。

 

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

 

 

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります

 

 

査定

 

 

新型ヴェルファイア値引き情報を紹介しています!

若者世代に人気のヴェルファイア。ルックスから伝わる高級感と重厚感が最大の魅力であるが、気になるのはその価格だ。

 

高級車だとは理解していても、「できるだけ安く!」というのが買う側の本音。しかし、いざ車の購入となっても、

相場がわからなければ値引きを持ちかけるのも難しいものだ。だからといって値引きなしでの購入は、損した感が否めない。

 

 

新型ヴェルファイアの最新値引き情報

 

 

 

 

見積もり600万円で、値引きが15万円だった人。

 

 

オプションを多く付けて、値引きが25万円だった人。

 

 

はたまた50万円近くの値引き交渉に成功した人。

 

 

SNS等を見ていると、購入した人によって値引き額は様々なようだ。

 

 

 

「オプションを多く付けているのに、あまり値引きされていない・・・。」なんて、なんだか損した気になってしまう。

 

 

 

2017年12月にマイナーチェンジされたヴェルファイア。

 

 

 

それを機に、1度値引きが引き締められている。

 

 

 

しかし、発売から時間が経つにつれて、値引き額が大きくなるのは世の常だ。

 

 

 

ゆえに、1年近く経過した今、その引き締めが緩んできている。

 

 

 

また、9月の中間決算期、12月のボーナス、年末商戦にはさまれた11月は、新車の販売が伸び悩む時期。

 

 

 

交渉次第ではかなりの値引きが期待できるかもしれない。

 

 

 

新型ヴェルファイアの値引き相場と目標

 

 

値引き交渉するにしても、まずはその相場を知らないと話は始まらない。

 

 

 

上記にあるように、ヴェルファイアの値引きにはかなりのバラつきがあるようだ。

 

 

 

価格.comなどで値引き情報はチェックできる。

 

 

 

 

 

 

値引き交渉のスタートはまず”知る”ことから。大いに利用して欲しい。

 

 

 

さて、ヴェルファイアの値引きは

 

 

 

①本体から20万円引き

 

②オプションから10%引き

 

 

 

が基本となっている。
しかし最近では、

 

 

 

本体から26万円引き

 

オプションから20~30%引き

 

 

が相場になってきているようで、ここに目標ラインを置いておきたい。

 

 

 

もちろん、購入するグレードや付けたオプションなどによって値引き額に差は出てくる。

 

 

 

多くのオプションをつけた場合、50万円前後の値引きに成功した人もいる。

 

 

 

こうなると、損した気は起きない。

 

 

 

しかしこれは、値引き相場を知っただけで車を買いに行っても出てこない値引き額だ。

 

 

 

「相場はこれくらいだから、値引きしてください。」なんて言っても、いい値引き額は期待できないだろう。

 

 

 

「お得にヴェルファイアを買うことができた!」と思うためにも、必要なのは交渉術ではないだろうか。

 

 

 

新型ヴェルファイアの競合車モデルチェンジで値引きを狙う

 

 

トヨタ アルファード、日産 エルグランド、ホンダ オデッセイはヴェルファイアと肩を並べる高級ミニバンだ。

 

 

 

1日外に出ていれば、この4台は必ず目にするのではないだろうか。

 

 

 

これらの競合車との比較を、うまく交渉に繋げていきたい。

 

 

 

トヨタ アルファードはヴェルファイアの兄弟車とも呼ばれており、基本性能は変わらない。

 

 

 

 

 

 

違う点を挙げるとすれば、そのルックスだろう。

 

 

 

重圧を感じるようなヴェルファイアの外観に比べ、アルファードはどこか柔らかさを感じる。

 

 

 

両車は同時期にマイナーチェンジしており、フロントの印象の違いはより強くなったように思える。

 

 

 

ここで疑問に思うのが、同じトヨタ車なのに値引き交渉の材料になり得るのか、という点ではないだろうか。

 

 

 

たしかにどちらもトヨタの車に違いない。

 

 

 

しかし、ヴェルファイアを取り扱っているのはネッツ、アルファードを取り扱っているのはトヨペット。

 

 

 

 

 

 

販売店が異なるのだ。

 

 

 

販売台数としてはアルファードの方が多く、ネッツとしてはそれに対抗したいところ。

 

 

 

ネッツで「アルファードと悩んでいて・・・。」、というセリフは効果テキメンかもしれない。

 

 

 

ホンダ オデッセイは、低ルーフのミニバンとして人気を評している。

 

 

 

 

 

 

ヴェルファイア同様、ハイブリッドグレードが販売されているが、ハイクラスのミニバンとしてはトップクラスの燃費を誇っている。

 

 

 

ガソリン価格が高騰を続ける中、低燃費の車につい目が行ってしまう人も多いだろう。

 

 

 

また、ヴェルファイアと比べて値段も安価なことから、これも交渉に使えそうだ。

 

 

 

「オデッセインの方が安いけど、〇〇〇万円ならヴェルファイアを買う。」と言った交渉もありかもしれない。

 

 

 

日産 エルグランドは、ハイクラスのミニバンとして定評がある。

 

 

 

 

 

 

ヴェルファイアとの違いを挙げるとすれば、安全性能だろうか。

 

 

 

近年重要視されている安全性能。

 

 

 

トヨタと日産、それぞれの武器がヴェルファイア、エルグランドに備わっているといっても過言ではない。

 

 

 

そのエルグランドが、2019年にフルモデルチェンジされるという。

 

 

 

今回のモデルチェンジでは、トヨタ アルファードと、ホンダ オデッセイの間を取ったようなスタイリングを採用し、両サイドの顧客を振り向かせることを目指しているようだ。

 

 

 

また近年、低燃費、エコカー等が注目されているが、エルグランドにも、ようやくハイブリッドグレードが登場しそうだ。

 

 

 

NOTEを代表に、日産が強く前に出しているハイブリッドシステム、e-POWER。

 

 

 

このシステムを搭載したモデルが出ると言う話もある。

 

 

 

 

そうなれば、燃費面でも魅力は大幅アップだ。トヨタからすれば、これは十分な脅威ではないだろうか。

 

 

 

「エルグランドがモデルチェンジして2019年に売り出されるらしい・・・。」。

 

 

 

ヴェルファイアの競合車であるエルグランドのモデルチェンジを利用し、値引き狙うのもありかもしれない。

 

 

 

新型ヴェルファイアの値引き交渉

 

 

 

 

車の購入に関わるお金の話は大きくわけて2つ。

 

 

 

1つは今まで乗っていた車について(下取り車の査定額)、そしてもう1つはこれから買う車について(新車の値引き額)。

 

 

 

少しでも高く下取りをしてもらい、少しでも安く新車を買うのがベストである。

 

 

 

下取りでは、1つ注意してもらいたい。下取りの査定では、初めに少なめの額を言われることが多い。

 

 

 

新車の値引きをしない代わりに下取り額を段階的に高くしていく。

 

 

 

それによって顧客にお得感を感じさせるという営業側の戦略だ。

 

 

 

これでは正確な下取り額は把握できない。

 

 

 

実は最初に提示された価格は下取り相場よりも安く、段階的に高くされても、

結局は下取り相場程度の値段になっただけ、なんてことがあるかもしれないのだ。

 

 

 

そのため、ディーラーを訪れる前に、予め下取りの査定額を把握しておくことが望ましい。

 

 

 

カーセンサー.netや、ズバット車買取比較など、車の一括査定をできるサイトが多く存在する。

 

 

 

こういったサイトを積極的に利用するといいだろう。

 

 

 

どちらにせよ、下取り車の査定額と新車の値引き額は引き離して考えるべきである。

 

 

 

値引きの交渉をするにあたって1番重要なことは、店側を安心させないことではないだろうか。

 

 

 

どんなにその車を気に入っていても、「この人は絶対買ってくれる。」と思わせたら、値引き交渉の成功は見込めない。

 

 

 

あくまで悩んでる風を装うことが第一歩。

 

 

そこからが勝負だ。

 

 

 

「ヴェルファイアの3眼LEDヘッドライトにほれぼれする。でも最近ガソリンが高いから、燃費のいいオデッセイの方が経済的だよなぁ」、

 

 

 

「エルグランドがモデルチェンジするらしいからもう少し待ってみようかなぁ。」、なんて、どんどん競合させていくのが吉。

 

 

 

また、「あの地域の店舗で見積もりを取った時は、もう少し安かった。」など、近隣店舗との競合もうまく利用するといいかもしれない。

 

 

 

交渉は1度でうまくいくかはわからない。

 

 

 

ゆえに、いくつかの交渉材料を持っておいて、1度失敗しても再挑戦できるようにしておくのも大事だろう。

 

 

 

これは大前提だが、やりすぎは禁物。

 

 

 

「あなたには売りません。」と言われたらそこで終わってしまう。

 

 

 

交渉が苦手な人は、自分のパートナーに頼むなどして、1人で行くことを避けた方がいいかもしれない。

 

 

 

新型ヴェルファイア値引きまとめ

 

 

 

 

さぁ、イメージは沸いただろうか。

 

 

 

いろいろな情報や戦略があるわけだが、新車購入で損をしないためになにができるか、少しでもヒントになっていれば幸いだ。

 

 

 

とにかく、

 

 

 

情報収集すること

 

他社、他車と競合させること

 

下取り額をうまく使った営業に引っかからないこと

 

 

 

大事なのはこのへんだろうか。

 

 

 

もし交渉が成功したら、浮いたお金で家族とドライブ旅行、なんていうのはどうだろう。

 

 

 

車は、私たちの人生を今よりぐっと充実させてくれる。

 

 

 

納車されたら、うんと乗り回してほしい。

 

 

ここからはかなり個人的な意見だが・・・。

 

 

1台の車を作るために、多くの技術者が、多くの時間を費やしている。

 

 

 

彼らの努力が、より良い車を作り出している。

 

 

ゆえに、無理な交渉、強引な交渉だけは避けてほしい。

 

 

1人の技術者として、それだけはお願いしたい。

 

 

新車が値引き金額より安くなってしまうコツとは?

 

 

とにかく新車が欲しい!という方の悩みは・・・

 

 

欲しい新車が予算オーバーだ…

 

値引きで安く買いたい…

 

ディーラーを回るのは面倒くさい

 

新車をお得に最安値で手に入れたい!

 

ディーラーの売り込みが嫌

 

 

など、欲しい車を買いたいけども
どうしたらいいのか悩んでいる方は多いです。

 

 

家族や周りの友人に相談しても

 

知らなかったり、「安いのでいいじゃない?」と
だけしか言わずなんの相談にもなりませんでした。

 

 

ところがネットで調べまくってみたら、
見つけてしまいました!

 

 

凄い裏技を・・・

 

 

私が6年間乗っていた車を
ディーラーでの下取りが、15万円でした。

 

 

正直、もう少しほしいところでしたし、

ディーラーの下取り額はとても安いです。

 

 

「もうこれで諦めるしかないのか・・・」と

思っていた時に、ある方法をやってみたら・・・

 

 

なんとビックリ!

 

 

60万円も安く新車を購入することができたんです。

やっぱり新車は最高ですね!

 

 

私がどうやってずっと欲しかった新車を
安く買うことができたのか?

 

 

今、欲しい車がある方にコッソリ教えちゃいます!

その裏技とは・・・

 

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うべし!

 

 

下取りは絶対に一括査定のサイトを使って下さい。
これ重要なんです。

 

 
;

例えば、ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あるからです。

 

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

 

 

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります

 

 

査定