新型アルファードの口コミハイブリッドの評価!

下取りは絶対に一括査定サイトを使うべし!

 

 

下取りは絶対に一括査定のサイトを使って下さい。
これ重要なんです。

 

 

例えば、ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あるからです。

 

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

 

 

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります

 

 

査定

 

 

新型アルファードハイブリッドの口コミを紹介していきますね

トヨタ高級ミニバン「アルファード」がマイナーチェンジをされましたね。

 

その生まれ変わった外観、高級感ある室内、幅広いシーンに対応する安全機能、余裕ある走りやエレガントな乗り心地、どれを取っても甲乙付けがたい車両です。

 

また、パワートレインやトランスミッションも改良されトヨタの気合いが溢れて来ます。

道ですれ違うと「新型アルファード!」と振り返ってしまう位、優雅に走っているのを見かけます。他の車両と比較してしまう位、大きな車体には驚きを覚えます。

 

 

新型アルファードハイブリッドのインテリアの口コミは?

 

 

 

 

気になる新型アルファードハイブリッドの運転席には高級感あるダッシュボードや乗用車には無い広さがあり、運転者を至福の気持ちにさせてくれる。

 

 

 

ダッシュボードはレザーで作られている為に高級感が向上されているし、ハンドルは持ちやすく手に馴染むハンドルなので長距離を運転していても疲れないように工夫がされている。

 

 

 

次に、後部座席に移るとゆとりがあるシートで快適空間があり同乗する人へのおもてなしがされている。

 

 

 

内装色は3種類

 

 

 

アルファードハイブリッドの内装色は3種類があります。

 

 

 

フラクセン

 

 

 

 

 

ブラック

 

 

 

 

 

ブラック&ホワイト

 

 

 

 

 

個人的にはブラックがオススメですね。
理由は高級感がありメンテナンスがしやすいからです。

 

 

 

他の色も捨て難いのですがせっかく高級ミニバンを購入したのに汚れがあると、とても残念になりますしね。

 

 

 

集中モードオートエアコン

 

 

 

 

 

アルファードハイブリッドのリア側エアコンを自動で停止する機能がついており、後部座席に誰も乗車していない場合に使用できるので、

 

無駄にエアコンを使用しないので燃費にも効果的ですね。

 

 

 

大型コンソールボックス

 

 

 

 

 

アルファードハイブリッドには全てのグレードに装着されています。大型コンソールボックスがあると色々と有効活用できるので、とても魅力です。

 

 

 

アルファードハイブリッドの荷室サイズ

 

 

 

 

 

リアの開口部の高さは1,190mmもあるので、大きな荷物も積むことが可能です。

 

 

 

新型アルファードハイブリッドはシートの座り心地は前席とセカンドシートは上品で申し分無く、3列目も格納式と思えない程、座り心地がとても良いです。

 

 

 

質面では、「インパネ」「ドアトリム」に高級感があり所有感が満たされてます。

 

 

 

新型アルファードハイブリッドのエクステリアの口コミはどう?

 

 

 

 

新型アルファードハイブリッドのエクステリアについては、自己主張が強いグリルセンター部の突き出しやメッキ装飾などにより、

 

 

高級感のある堂々としたフロントフェイスに進化しています。

 

 

 

アルミホイールも16?18インチまでラインナップされてますが、この車体で16インチは少し寂しい感じがします。個人的には、見栄えが良い18インチがオススメですね。

 

 

 

エグゼクティブラウンジだけ装備されているLEDヘッドランプ!

 

 

 

このグレードが街で走っていたら、オシャレ感がダントツですね。右折や左折をする時に流れるようなウインカー(シーケンシャルターンランプ)を見ていると凝視してしまいます。

 

 

 

ちょっと残念なのが、このエグゼクティブラウンジのグレードしか装備されてないのが残念な感じです。可能なら全グレードに標準装備して欲しいですね。

 

 

 

新型アルファードハイブリッドの乗り心地の口コミは?

 

 

 

 

中型のミニバンから乗り換えの方なら直ぐに実感できると思いますが、新型アルファードハイブリッドの高級感溢れるシートに座ると他のシートには座れないくらい上品で座り心地が良いシートに病みつきになるでしょう。

 

 

 

そして最高グレードには、プレミアムナッパ本革がついています。

 

 

 

プレミアムナッパ本革とは、高級な革を使用しており「柔らかさ」「しなやかさ」「耐久性」に優れていて、革本来の形を残すように「なめし加工」がされています。

 

 

 

また、今回の新型アルファードハイブリッドは走行性能が進化しているのでハンドルのフィーリングが良くカーブでの車の揺れがありません。

 

 

 

 

 

 

その理由としては車体の剛性が向上したのが大きな理由でしょう。

 

 

その車体剛性は直進安定性にも反映されていて、高速道路での走行でその実力を発揮します。

 

 

 

また、重圧な車両から生み出される静粛性は格別です。走行中のロードノイズやエンジンフィールがほとんどしません。

 

 

 

女性が新型アルファードハイブリッドを駐車するには一苦労だと思います。

 

 

そんな悩みも解消するかのように新型アルファードハイブリッドには「IPA2(インテリジェンスパーキングアシスト)」が装備されています。

 

 

 

IPA2とは、超音波センサーや車両に取り付けられているカメラを使用している為、手動による目標駐車位置の設定も不要になります。

 

 

 

新型アルファードハイブリッドの辛口な口コミ

 

 

新型アルファードハイブリッドの辛口な口コミは、純正ナビの価格や維持費などではないでしょうか?

 

 

 

純正ナビは7、9、10インチと用意されていますが、最低でも10万円~と高額な価格になっています。

 

 

 

 

 

 

高いので60万円以上もするナビがあります

 

 

 

理由としては、JBLのプレミアムサウンドが付いてるのでこの価格になっていまいます。
また、ブルーレイ・ディスクの再生にも対応しているのでかなり魅力です。

 

 

 

更に、パノラマミックビューモニターがメーカーオプションで70000円以上もします。

 

 

 

こちらは別途オプション費用がかかるが、メーカーオプションナビが無いと付けられない。

 

 

 

ナビと合計すると約70万円の費用がかかるのが一般ユーザーにはキツイと思います。

 

 

 

また、他のメーカーオプションを付けると合計で100万円以上になり車体価格と合わせると500万円以上掛かります。

 

 

 

価格だけを見るとレスサスが買えてしまう位です。

 

 

 

続いて維持費では、新型アルファードハイブリッド2.5Lで見ていくと重量が2000~2300kgがあり自動車税は45,000円で自動車重量税は25,000円になっています。

 

 

 

 

 

 

自賠責保険については、購入時に40,040円、車検時には27,840円掛かります。年間維持費を観ると約30万円ですが、購入時に分割払いをした場合はこれにプラスされますね。

 

 

 

また、新型アルファードハイブリッドの購入価格は約400万円?なので購入するには悩んでしまう方も多いと思います。

 

 

 

新型アルファードハイブリッドの辛口な口コミは比較的に少ないので、価格と比例して満足いく車両だということも一理あります。

 

 

 

新型アルファードのハイブリッドの燃費の評価

 

 

新型アルファードハイブリッドで気になるのが、やはり燃費!

 

 

 

新型アルファードハイブリッドの燃費についてガソリン車と比較していきます。

 

 

 

JC08モード

 

ハイブリッド車(2.5L)は18.4km/L~19.4km/L

 

ガソリン車(2.5L)は11.4km/L~12.8km/L

 

ガソリン車(3.5L)は10.4km/L~10.8km/L

 

実燃費(新型アルファードハイブリッド 2.5L+モーター)

 

高速道路 13~15km/L

郊外・幹線道路 11~13km/L

市街地 8~10km/L

 

 

 

新型アルファードハイブリッドはEV走行が可能なフルハイブリッドですが、2トンを超える車重がある為にモーター走行は低速時にだけ発揮します。

 

 

 

市街地走行では他車のミニバンとしては良好な燃費ではあるものの、コンパクトカーのハイブリッド車よりは劣ります。

 

 

 

けど、やはりハイブリッド車は、凄いの一言ですね。

 

 

 

新型アルファードの車両重量を考慮しても、この燃費は凄く良いですね。

 

 

 

また、ガソリン車はグレードタイプによっては燃費もかわるので注意が必要ですね。

 

 

 

新型アルファードハイブリッドのメリットとしては、ガソリン車よりも燃費が良いので経済的、EV走行中の静粛性は最高、モーターアシストによる発進がスムーズ、税制優遇が受けられる、

 

 

 

次にデメリットとしては、ガソリン車に比べて約50~60万円価格が高い、高速道路での燃費がガソリン車と比べると悪いことが上げられます。

 

 

 

新型アルファード口コミハイブリッドまとめ!

 

 

 

 

如何でしたか?

 

 

 

さすが、トヨタが誇る高級ミニバン「新型アルファードハイブリッド」

その高級ミニバンには他に無い上質な乗り心地があり、LLミニバンの広さにより室内空間が十分にあります。また、エレガントな外観もあり存在感が桁違いです。

 

 

 

年々増加しているハイブリッド車!

 

 

 

以前はプリウスにしか無く、知り合いがプリウスを購入すると、みんなで購入した知人のプリウスを舐めるように観ていましたが、今ではLLサイズのミニバンにも装備されているなんて昔では考えられませんでした。

 

 

 

そのハイブリッドシステムも向上し重量がある車両でも高燃費を叩き出します。さすがに価格は並ではありませんが、価格以上の品質に誰もが納得するでしょう。

 

 

 

今一度、新型アルファードハイブリッドの検討をしてみては如何でしょう?

きっと、その高級感に満足するあなたがそこにいる筈です。

 

 

新車が値引き金額より安くなってしまうコツとは?

 

 

とにかく新車が欲しい!という方の悩みは・・・

 

 

欲しい新車が予算オーバーだ…

 

値引きで安く買いたい…

 

ディーラーを回るのは面倒くさい

 

新車をお得に最安値で手に入れたい!

 

ディーラーの売り込みが嫌

 

 

など、欲しい車を買いたいけども
どうしたらいいのか悩んでいる方は多いです。

 

 

家族や周りの友人に相談しても

 

知らなかったり、「安いのでいいじゃない?」と
だけしか言わずなんの相談にもなりませんでした。

 

 

ところがネットで調べまくってみたら、
見つけてしまいました!

 

 

凄い裏技を・・・

 

 

私が6年間乗っていた車を
ディーラーでの下取りが、15万円でした。

 

 

正直、もう少しほしいところでしたし、

ディーラーの下取り額はとても安いです。

 

 

「もうこれで諦めるしかないのか・・・」と

思っていた時に、ある方法をやってみたら・・・

 

 

なんとビックリ!

 

 

60万円も安く新車を購入することができたんです。

やっぱり新車は最高ですね!

 

 

私がどうやってずっと欲しかった新車を
安く買うことができたのか?

 

 

今、欲しい車がある方にコッソリ教えちゃいます!

その裏技とは・・・

 

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うべし!

 

 

下取りは絶対に一括査定のサイトを使って下さい。
これ重要なんです。

 

 
;

例えば、ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あるからです。

 

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

 

 

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります

 

 

査定