新型クラウンの内装がしょぼいのは本当?

下取りは絶対に一括査定サイトを使うべし!

 

 

下取りは絶対に一括査定のサイトを使って下さい。
これ重要なんです。

 

 

例えば、ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あるからです。

 

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

 

 

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります

 

 

査定

 

 

新型クラウンなのに、内装がしょぼいというのは、ギャップがあり意外な気がしますが、今回はその新型クラウンの内装についてまとめてみました。

 

 

新型クラウンが発売になってよく見掛けるようになってきましたが、実際に乗ってみた感想はいかがでしょうか。
いろいろな想いがある中、どうやら内装に関しては、しょぼいとの意見も見え隠れしているようです。

 

 

新型クラウンの内装は実はしょぼい?

 

 

 

 

2018年夏に発売になった新型クラウン。

 

 

 

発売から徐々に人気が出始めていて、納車が少し先送りになっているようですが、もちろんすでに納車されて実際に乗っている人たちも見掛けるようになりました。

 

 

 

やはり新型クラウンは、ステキな雰囲気で憧れてしまいますね。

 

 

 

しかしながら、その裏で、外観や乗り心地は悪くないようですが、内装においては「しょぼい」との若干辛辣な意見も出始めているようです。

 

 

では、具体的にチェックしていきましょう。

 

 

 

今回の新型クラウンの内装においては、シンプルさとモダンさをコンセプトにしているようです。

 

 

特に運転席の周囲は、開放的なスペースを確保し、より多くの運転しやすさを追求したデザインとなっています。

 

 

 

 

 

 

また、どの座席に座っても、疲れにくい構造になっていて開放的で余裕もあります。

 

 

 

特に後部座席は大人でもゆったり座れ、ロングドライブでも快適に過ごせるように工夫されています。

 

 

 

その工夫された快適さの部分は多くあるのですが、ここで一つだけ挙げておきましょう。

それはシフトレバー横のドリンクホルダーです。

 

 

 

 

 

 

こちらは埃が入らないように、かつ邪魔にならないように、平面の蓋つきになっています。

 

 

何気ない小さなところへの気配りを感じます。

 

 

 

そのように、細部においても高品質で、触った感じや使った感じの心地良さを重要視して、全体的にそれを感じさせるようにこだわって作ったということです。

 

 

 

また、クラウンの場合は、個人で使用される以上に、社用車などの需要も多くあるため、運転者に対しての安全でシンプルな運転支援と、後部座席の快適さを特に重視していることが考えられます。

 

 

 

このように、あまり余計なものがなく、全体的にシックな雰囲気にまとめられているので、どうしてもしょぼく見えてしまうのかもしれません。

 

 

 

一つ一つよくチェックしてみると、確かに細かいところに良質のものを使い、こだわっているのですが、あまりのシンプルさゆえに、気づきにくく、少し物足りなく見えてしまうのは残念なことですね。

 

 

 

新型クラウンの内装がしょぼい箇所

 

 

では、具体的に新型クラウンの内装がしょぼいと言われている箇所は、どのあたりでしょうか。

 

 

 

一番気になるところとして、ステアリングの地味な雰囲気が挙げられています。

 

 

 

 

 

 

このあたりは、一番目につくところでもありますが、全体的に、華美な装飾がなく、シンプルな作りなのでそう見えてしまうのでしょう。

 

 

 

それとともに「クラウン」のエンブレムが小さいところも気になるようです。

 

 

 

 

 

 

そして、両サイドにあるシンプルすぎるプラスチックのスイッチが、さらにクラウンらしくないとの指摘もあります。

 

 

 

他の車でもよく見られるようなタイプであるため、なおさら目につくようです。

 

 

 

また、ステアリング部分のスイッチだけでなく、どの場所にあるスイッチも装飾のないプラスチックのままですので、少しサビシイ感じがします。

 

 

 

それだけわかりやすく、使いやすいとも言えますが、確かに何か物足りないような気がしてしまいますね。

 

 

 

インパネの部分については、今回もアナログ形式のものだったので、若干時代遅れという感じがする人も多くいるようです。

 

 

 

 

 

 

最近では、デジタル表示が主流になってきていますので、液晶の美しさやLEDの透明感のある美しさも目を引きますが、そういった演出がないのは、しょぼさにも関係してきそうです。

 

 

 

また、シートが一部ファブリックというのもクラウンらしくないとの意見も一部ありますが、これは人それぞれ好みがあり、意見が分かれそうです。

 

 

 

よく使うところは、シンプルに、かつ使いやすさを追求したせいか、全体的な雰囲気として、質素なイメージになってしまっているような気がします。

 

 

 

新型クラウンの内装がなぜしょぼいと言われる?

 

 

ここでは、なぜしょぼいと言われてしまうのか、考えていきましょう。

 

 

 

まず一番先に目につくところとして、ステアリングのしょぼさですが、やはりブラックが基調となっているため、他の色使いも少なく、周囲に華美な装飾がないため、シンプルさが強調されてしまっているというのがしょぼい理由の一つではないかと考えられます。

 

 

 

 

 

 

特に「クラウン」のエンブレムが小さくなってしまったのも、クラウンに憧れを持つ人たちにとっては、少し残念な気がします。

 

 

運転するときにふと目にするこのエンブレムによって、ちょっとテンションが上がったりしたことはありませんか。

 

 

 

ほんの小さな主張ですが、意外に心にじんわり作用するものですよね。

 

 

 

もう少し存在感をアピールしたほうがクラウンを運転しているという意識が働いて、それだけでも楽しく運転できそうな気がします。

 

 

 

インパネの部分については、以前のアナログ表示のままですが、できれば今の流行に沿ったデジタル表示のほうがオシャレな雰囲気になってよかったかもしれません。

 

 

 

古くからのファンである人たちにとっては、そのアナログ感が逆に魅力的なのかもしれませんが、次世代を考えた場合に、若い人たちには少し時代遅れと思われてしまう可能性がありそうです。

 

 

 

ですが、ひょっとしたら、このインパネ部分については、クラウンであるがゆえの譲れない部分なのかもしれません。

 

 

 

シートについては、一部ファブリックや合成皮革仕様のものがあるようですが、できれば全て本革がよかったのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

やはり上質なのは柔らかい革で、その感触はファブリックではなかなか味わえないものです。

 

 

 

特にクラウンには、やはり応接セットのような上質な柔らかい革のシートで、統一してほしかったような気がします。

 

 

 

今回の新型クラウンの内装としては、全体的にシンプルで使いやすいという実用的な面が重視されているようです。

 

 

 

確かにその通りのようですが、本来のクラウンが持つイメージである高級感を考えると、少し物足りなさを感じてしまいそうです。

 

 

 

できれば、もう少しきらびやかなポイントがあってもよかったような気がします。

 

 

 

新型クラウン内装まとめ

 

 

今年夏発売された、日本が誇る高級車の一つである新型クラウン。

 

 

 

その外観は、今までよりもスポーティーな雰囲気で、安定感のある力強い走りとクラウン本来の気品を感じさせる車としてカッコイイと大変好評です。

 

 

 

しかし、内装については、それに反してしょぼいとのキビシイ意見があるようです。

 

 

それは、どうやら全体的に落ち着いたシンプルなデザインが醸し出す雰囲気によるのかもしれません。

 

 

 

しかし、あまりにも華美で雑多であるよりは、すっきりしたデザインのほうが落ち着いて運転できそうですし、実際に操作もしやすいと考えられます。

 

 

 

中には違和感を覚える人もいるでしょうが、やはりクラウンには落ち着いた大人の雰囲気が似合う車でいてほしいような気がします。

 

 

 

もちろん、内装だけでなく、他にもいろいろな意見があると思いますが、それよりも、所有していることに喜びを感じるというのは、クラウンならではですね。
やはり「いつかはクラウン」そして「最後はクラウン」・・・なのです。

 

 

新車が値引き金額より安くなってしまうコツとは?

 

 

とにかく新車が欲しい!という方の悩みは・・・

 

 

欲しい新車が予算オーバーだ…

 

値引きで安く買いたい…

 

ディーラーを回るのは面倒くさい

 

新車をお得に最安値で手に入れたい!

 

ディーラーの売り込みが嫌

 

 

など、欲しい車を買いたいけども
どうしたらいいのか悩んでいる方は多いです。

 

 

家族や周りの友人に相談しても

 

知らなかったり、「安いのでいいじゃない?」と
だけしか言わずなんの相談にもなりませんでした。

 

 

ところがネットで調べまくってみたら、
見つけてしまいました!

 

 

凄い裏技を・・・

 

 

私が6年間乗っていた車を
ディーラーでの下取りが、15万円でした。

 

 

正直、もう少しほしいところでしたし、

ディーラーの下取り額はとても安いです。

 

 

「もうこれで諦めるしかないのか・・・」と

思っていた時に、ある方法をやってみたら・・・

 

 

なんとビックリ!

 

 

60万円も安く新車を購入することができたんです。

やっぱり新車は最高ですね!

 

 

私がどうやってずっと欲しかった新車を
安く買うことができたのか?

 

 

今、欲しい車がある方にコッソリ教えちゃいます!

その裏技とは・・・

 

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うべし!

 

 

下取りは絶対に一括査定のサイトを使って下さい。
これ重要なんです。

 

 
;

例えば、ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あるからです。

 

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

 

 

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります

 

 

査定