新型フォレスターにがっかりした?理由が意外だった?

下取りは絶対に一括査定サイトを使うべし!

 

 

下取りは絶対に一括査定のサイトを使って下さい。
これ重要なんです。

 

 

例えば、ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あるからです。

 

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

 

 

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります

 

 

査定

 

 

新型フォレスターはがっかり?

 

待ちに待った新型フォレスター・・・のハズですが、実はがっかりしたという意見も少なからずあるようです。

 

果たして、いったい、新型フォレスターのどの部分についてがっかりなのか、それには意外な理由もあるのかもしれません。

 

さて、みなさんは、どのようにお考えでしょうか。

今年、スバルから新型フォレスターが発売になりました。

 

そろそろ既に乗りこなしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

新型フォレスターががっかりの理由とは?

 

 

 

 

2018年夏から秋にかけて発売の新型フォレスター。

 

今回の新型フォレスターは、全部で4タイプ発売されています。

 

 

 

そのうちのツーリング、プレミアム、Xブレイクは先行発売で、7月19日に発売されています。

 

 

ツーリング

 

 

 

 

 

プレミアム

 

 

 

 

 

Xブレイク

 

 

 

 

 

 

その後に、ハイブリッド車のアドバンスが、9月14日に発売になりました。

 

 

 

 

 

 

どのタイプもすでに発売されているので、ディーラーや販売店などで試乗した方や既に納車されて乗られている方も多いと思います。

 

 

 

そういった方々の中で、今回はちょっとがっかりしたという意見も多いようで、その理由が気になるところです。

 

 

その理由について、具体的にまとめていきましょう。

 

 

 

まずは、以前と変わらない外観についてがっかりしたという意見が挙げられているようです。

 

 

 

 

 

 

報道発表の際には、フルモデルチェンジという前触れだったのですが、外観のイメージはあまり変わらず、新鮮味に欠けるというところでしょうか。

 

 

フルモデルというからには、外観も当然変わりそうなものですが、スバル側としては、以前からのフォレスターの顔形にこだわった結果なのかもしれません。

 

 

 

大きい変化がないということは、これぞフォレスターの完成された形ということになるのでしょう。

 

 

 

あまり大胆に変更されるよりは、いいのかもしれませんが、もう少し斬新さを感じさせてくれるようなデザインを期待していた人にとっては、やはりがっかりかもしれませんね。

 

 

 

次に多いがっかりした理由としては、以前あったターボがなくなって、ハイパワー仕様でなくなってしまったということのようです。

 

 

 

 

 

 

以前のフォレスターは、国産のスポーツカーくらいの出力量があるものもありましたが、今回はどれも抑えた出力になっているようです。

 

 

ターボがなくなった分、勢いが弱くなり、少し物足りなさを感じるのかもしれません。

 

 

 

今回はフルモデルチェンジとは言うものの、スバルの特徴的とも言える走りができなくなってしまうというのは、あまり想像できなかったということかもしれません。

 

 

 

そこを期待していた人たちにとっては、やはり大きながっかりだったようです。

 

 

 

その他のがっかり点としては、車の大きさの割には燃料タンクの容量が小さいことや、それに対する燃費について、走行後のバッテリーの熱さなどを挙げているものもありました。

 

 

人それぞれに想いを馳せていたことでしょうが、なかなか想像通りには、いかないものですね。

 

 

 

新型フォレスターのデザインにがっかり?

 

 

がっかりの理由はいくつかあるようですが、ここでは新型フォレスターのデザインにがっかりしたという意見を掘り下げてみましょう。

 

 

 

今回の新型フォレスターは、ニューヨークモーターショーで初めて公開されました。

 

 

 

 

 

 

今回のデザインの特徴として、次世代スバルのデザイン哲学として掲げる「ダイナミック×ソリッド」を中心に、SUV車ならではの力強さやダイナミックさを表現しています。

 

 

確かに、まるでよく鍛えられた肉体美を想像させるようなたくましさを感じさせます。

 

 

 

全体的に硬くゴツイ感じもありますが、サイドから後方へかけての流麗なラインは、とても美しいデザインとなっています。

 

 

 

しかしながら、基本的には以前のフォレスターとよく似通っているため、斬新さや新鮮さに欠けるデザインということになるかもしれません。

 

 

 

確かに一見してフォレスターとわかるので、ある種の安心感もありますが、やはりプラスアルファの斬新さが欲しかったという気もします。

 

 

 

その前の2015年の東京モーターショーで、フォレスターのコンセプトカーが登場しましたが、その時のデザインがとてもステキでカッコイイとフォレスターファンにも高評価でした。

 

 

 

 

 

 

それだけに、この時のデザインが、新型フォレスターにももう少しわかりやすく反映されていたほうがよかったのではないかという意見もあるようです。

 

 

 

例えば、一見してすぐわかるところでは、今回の新型フォレスターは、ヘッドライトの雰囲気がごく普通な感じに仕上がっていますが、コンセプトカーのほうは、もう少しシャープでいかにも次世代っぽい雰囲気のものでした。

 

 

 

その時の感覚は、いかにも時代の最先端技術を感じさせていたように思えます。

 

 

 

とはいうものの、変に凝りすぎたり、大胆に変化しすぎたりしても、がっかりしてしまうものなので、このくらいのほどよい程度の冒険でいいのかもしれません。

 

 

乗っていくうちに、間違いのないフォレスターの雰囲気に、きっとさらなる安心感を覚えていくのではないでしょうか。

 

 

 

新型フォレスターにはターボがないからがっかり?

 

 

 

 

もう一つのがっかり理由として、ターボがないからという意見もあります。

 

 

 

フォレスターと言えば、SUV車であるのに、スポーツカー並みの走りができるというコアなファンを魅了してきました。

 

 

しかし、今回はその要素は含まれていないようで、一部のフォレスターファンをがっかりさせているようです。

 

 

 

スバルと言えば、「走り」をウリにしてきたターボ車が高評価でもありました。

 

 

 

 

もちろん、今までも安全面にも力を入れていましたが、その一方で世界ラリー選手権など海外のレースなどにも参加して、活躍してきたスバル車は、憧れの車でした。

 

 

それをご存知の人たちにとっては、その力強い走りを体験できないというのは、なんとなく物足りないものでしょう。

 

 

 

そのため、今回の新型フォレスターに対する期待も大きく、もしかしたら以前のフォレスターを越えるのではないかという想いがあったのではないでしょうか。

 

 

 

しかしながら、最近はどの業界にもあるように、安全であることや環境にいいことを重要視するような傾向になってきています。

 

 

 

車についても同じように、今や「燃費に関係ない早い走り」などは求められず、「安全」で「環境にいい」「燃費がいい」ことなどが基本として、求められるようになってきました。

 

 

 

となると、やはりスバルも同じように、その流れに乗るべき時を感じたのかもしれません。

 

 

 

そういったスバルの意識の変化が、今回の新型フォレスターに反映されているのでしょう。

 

 

 

少し残念な気がしますが、時代の変化ともいうべき自然な流れとして、認めていかなければならない時にきているようです。

 

 

 

新型フォレスターがっかりまとめ

 

 

 

 

今回は、新型フォレスターのがっかり部分をまとめてみました。

 

 

 

その中でも、特にその外観のデザインとスバル特有の走りを追求したターボモデルがないことに対するがっかりについて、ピックアップしてみました。

 

 

 

思うに、今回の新型フォレスターについて、そのあまり変化のなかったデザインは、やはりフォレスターであることの確固たる自信の表れなのかもしれません。

 

 

 

また、ターボモデルがないのは、時代の流れを見て、安全でかつ環境にも優しい車としての第一歩を踏み出したスバルの新しい戦略としての試みなのかもしれません。

 

 

 

どうやら、私たちは、この新型フォレスターの発売をきっかけに、これからの新しいスバルを見守っていかなければならないときに来ているようです。

 

新車が値引き金額より安くなってしまうコツとは?

 

 

とにかく新車が欲しい!という方の悩みは・・・

 

 

欲しい新車が予算オーバーだ…

 

値引きで安く買いたい…

 

ディーラーを回るのは面倒くさい

 

新車をお得に最安値で手に入れたい!

 

ディーラーの売り込みが嫌

 

 

など、欲しい車を買いたいけども
どうしたらいいのか悩んでいる方は多いです。

 

 

家族や周りの友人に相談しても

 

知らなかったり、「安いのでいいじゃない?」と
だけしか言わずなんの相談にもなりませんでした。

 

 

ところがネットで調べまくってみたら、
見つけてしまいました!

 

 

凄い裏技を・・・

 

 

私が6年間乗っていた車を
ディーラーでの下取りが、15万円でした。

 

 

正直、もう少しほしいところでしたし、

ディーラーの下取り額はとても安いです。

 

 

「もうこれで諦めるしかないのか・・・」と

思っていた時に、ある方法をやってみたら・・・

 

 

なんとビックリ!

 

 

60万円も安く新車を購入することができたんです。

やっぱり新車は最高ですね!

 

 

私がどうやってずっと欲しかった新車を
安く買うことができたのか?

 

 

今、欲しい車がある方にコッソリ教えちゃいます!

その裏技とは・・・

 

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うべし!

 

 

下取りは絶対に一括査定のサイトを使って下さい。
これ重要なんです。

 

 
;

例えば、ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あるからです。

 

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

 

 

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります

 

 

査定