新型クラウン2018の燃費まとめ!

下取りは絶対に一括査定サイトを使うべし!

 

 

下取りは絶対に一括査定のサイトを使って下さい。
これ重要なんです。

 

 

例えば、ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あるからです。

 

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

 

 

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります

 

 

査定

 

 

新型クラウンの燃費について紹介して行きたいと思います。
日本を代表するトヨタ新型クラウンが2018年6月26日に発売を開始されました。

 

トヨタクラウンは、高級セダンを牽引してきた車種の一つですし、今回の発売された新型クラウンはプラットフォームベースで言えば、15年ぶりのフルモデルチェンジになりました。

 

外観のデザインも高級感が増し、インテリアも落ち着いた雰囲気があるデザインになっています。

そして、気になるグレードについてもハイブリットタイプとターボタイプの2種類あり、どちらも魅力ある一台になっています。また、2018年10月以降からはWLTC燃費表記の義務化も開始されます。

 

 

新型クラウン2018の実燃費を確認!

 

 

 

 

新型クラウンは「TNGA FR プラットフォーム」で一新され、ボディ剛性が向上しただけでは無く前後重量配分と低重心化の最適化が行われています。

 

 

また、エンジンやトランスミッションなどは低い位置にレイアウトし、ボンネットやフェンダーなどにはアルミ素材が使用されています。

 

 

これにより車重の軽量化を図り、燃料消費率を向上されています。

 

 

 

 

 

 

2.5Lハイブリット車の実燃費は、

 

 

市街地で13~16km/L

 

郊外・幹線道路で16~19km/L

 

高速道路中心で17~20km/L

 

です。

 

 

 

次に2.0Lターボ車は

 

 

市街地で8~11km/L

 

郊外・幹線道路で11~14km/L

 

高速道路中心で14~16km/

 

になっています。

 

 

 

グレードや乗り方にもよりますが、燃料消費率は約10.0km/L~約20.0km/Lになっていますが、高級ラージセダンではかなり良い燃料消費率だと思います。

 

 

 

また、乗車率や積載量の違いで燃料消費率も変わってくるので注意が必要ですね。

 

 

 

新型クラウン2018のWLTCモードの燃費は?

 

 

2018年10月から採用義務化になった燃費国際基準「WLTCモード」

 

 

 

 

 

 

WLTCモードは、アイドリングストップの時間を減らして、市街地、郊外、高速道路を走らせる規定で、平均時間配分に照らして数値化したものです。

 

 

また、「JC08モード」よりも低い数値が表記されるのがWLTCモードです。

 

 

 

WLTCモードでは、冷機状態での走行時間割合の増加やアイドリング時間比率の減少とドライバー以外の乗員や積載物の重量を考慮した上での表記になっています。

 

 

簡単に言えば、より実用的な使用で燃費の表記がされている事になります。

 

 

 

今後、2018年10月以降に販売される新型車については、省エネ法に基ずきWLTCモード燃費表記が義務化される予定です。

 

 

 

下記では新型クラウンのグレード別でまとめた燃費比較があります。

 

 

 

 

 

 

新型クラウンのWLTCモードでの燃料消費率は、高級セダンでこの燃費だとかなり良いかと思われます。

 

 

2.0Lクラスはターボ(過給器)搭載車にもかかわらず燃費が約10.0km/Lですし、新型クラウンはとても性能の良い車種だということが今回の調べで分かりました。

 

 

 

新型クラウン2018のエンジンについて

 

 

今回の新型クラウンでのエンジンは3.5L V型6気筒ハイブリット、
2.5L直4ハイブリット、2.0L直4ターボの3種類で発売されました。

 

 

 

 

 

 

最上級グレードの3.5L V型6気筒 ハイブリットはレクサスLSやLCと同じタイプになり、
その最高出力は220kw(299ps)/6,600rpmにも及びより良い加速性能を実感できます。

 

 

 

 

また、パドルシフトによる10速シーケンシャルシフトマチックを使用しています。

 

 

 

ギアを「Mモード」を選択すればドライバーが自由にギアの選択・固定ができるのでマニュアル車のような感覚を味わえます

 

 

 

 

 

 

また、ドライブモードの切り替え無しに、最適なギアを選択できるAI-SHIFT制御も採用しています。

 

 

ワインディング走行では、追加のスイッチ操作無しでもギアをロー側にシフトダウンを行います。

 

 

 

現行「カムリ」から搭載が開始された設計の新しいA25A-FXS型の2.5L 直列4気筒 ハイブリットは出力モーターを搭載するハイブリットシステムTHSーIIと組み合わせ、

 

 

 

 

精密な制御による高レスポンス化と全速度域での高いトルク化を引き出しています。

 

 

 

シフトレバーを「S」に入れることでマニュアル感覚のシフトチェンジが出来るシーケンシャルシフトマチックやハンドルから手を離さずに指先で直感的なシフト操作が出来るパドルシフトを備えています。

 

 

 

 

 

 

また、このエンジンのみ4WDとの組み合わせが選択可能です。TNGAに基ずく低重心でFRのプラットフォームとも相性がいい為、安定した走行が特徴です。

 

 

 

最後に2.0L 直列4気筒ターボですが、こちらはマイナーチェンジされたハリアーに採用されたエンジンの改良版です。

 

 

 

 

 

 

トヨタ独自の直噴過給技術を使用した2.0Lターボエンジンは吸気系と排気系を最適化することにより性能が向上されています。

 

 

 

 

また、トランスミッションには8ATを採用し、シフトレバーで「M」ポジションを選択するとスポーツ走行が楽しめます。

 

 

 

新型クラウン2018の燃費向上対策法は?

 

 

新型クラウンは車重1.7トンを超える為、その車重により燃料消費率が懸念されますが、
静かでスムーズなハイブリットシステムを十分にいかすことが、燃費向上対策として最適ではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

ハイブリットシステムの動きは、今までのトヨタハイブリットカーと同様ですし、発進時は20km/h、走行中はエンジンに加えモーターによるアシストとEV走行を車をマネージメントし、減速時は回生制動も使用しています。

 

 

 

今回の新型クラウンでは、ボディ剛性のためのスポット溶接では無く、構造用接着剤を使用しています。

 

 

接着剤を使用することにより補強材が不要になり軽量化にも繋がって燃費向上対策にも役立っています。

 

 

 

また、ハイブリットシステムやアイドリングストップ装置、筒内直接噴射、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、充電制御、電気式無断変速機があり燃料消費率に貢献しています。

 

 

 

新型クラウン2018燃費まとめ

 

 

 

 

今回、発売された新型クラウンは高級感があるデザインに加えスポーツ走行を可能にしたモデルになっています。

 

 

今やガソリンの価格も高騰している時代、必要以上にスポーツ走行をすれば燃料消費率も悪くなります。

 

 

 

ハイブリットシステムを搭載しているグレードなら、そのシステムを十分に活かして燃料消費率に貢献し快適なドライブを楽しむのも良いでしょう。

 

 

また、ターボ搭載車ではその加速性とトルクを活かし高速巡航速度まで到達するのが早いのでアクセル開度が少なくなる為、燃料消費率が良いと思われます。

 

 

 

燃料で心配なら、やはりハイブリットを選ぶべきです。

 

 

 

モーター走行時の静粛性はどんな遮音性を高めたクルマも敵いません。
逆にターボ搭載車では吹け上がりが良く爽快感がある走りが出来ます。

 

 

 

今回、発売された新型クラウンは新技術によりラージセダンでありながら燃料消費率も向上しデザインも魅力的な車になっています。

 

 

新車が値引き金額より安くなってしまうコツとは?

 

 

とにかく新車が欲しい!という方の悩みは・・・

 

 

欲しい新車が予算オーバーだ…

 

値引きで安く買いたい…

 

ディーラーを回るのは面倒くさい

 

新車をお得に最安値で手に入れたい!

 

ディーラーの売り込みが嫌

 

 

など、欲しい車を買いたいけども
どうしたらいいのか悩んでいる方は多いです。

 

 

家族や周りの友人に相談しても

 

知らなかったり、「安いのでいいじゃない?」と
だけしか言わずなんの相談にもなりませんでした。

 

 

ところがネットで調べまくってみたら、
見つけてしまいました!

 

 

凄い裏技を・・・

 

 

私が6年間乗っていた車を
ディーラーでの下取りが、15万円でした。

 

 

正直、もう少しほしいところでしたし、

ディーラーの下取り額はとても安いです。

 

 

「もうこれで諦めるしかないのか・・・」と

思っていた時に、ある方法をやってみたら・・・

 

 

なんとビックリ!

 

 

60万円も安く新車を購入することができたんです。

やっぱり新車は最高ですね!

 

 

私がどうやってずっと欲しかった新車を
安く買うことができたのか?

 

 

今、欲しい車がある方にコッソリ教えちゃいます!

その裏技とは・・・

 

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うべし!

 

 

下取りは絶対に一括査定のサイトを使って下さい。
これ重要なんです。

 

 
;

例えば、ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あるからです。

 

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

 

 

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります

 

 

査定