新型クラウンの評価・口コミまとめ!

下取りは絶対に一括査定サイトを使うべし!

 

 

下取りは絶対に一括査定のサイトを使って下さい。
これ重要なんです。

 

 

例えば、ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あるからです。

 

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

 

 

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります

 

 

査定

 

 

新型クラウンの気になる評判や口コミについてまとめてみました!
これから購入を考えている人は参考になると思います。

新型クラウンは日本を代表する高級車ですね。

 

「いつかはクラウン」そのフレーズでその地位を確実なものにしてきました。

そんなクラウンは15代目にフルモデルチェンジを実施しました。
果たして評判や口コミは?

 

 

新型クラウンの気になる評判は?

 

 

 

 

日本の高級セダンの代名詞的な存在として変わらぬ人気を保ち続けるトヨタクラウン。
新型クラウンの評判も上々と言えます。

 

 

 

新型クラウンではIT技術を駆使したサービスも充実してることも高い評価の一つの要因と言えます。

 

 

全グレードに専用通信機DCMが標準装備され、初代コネクティッドカーとしてドライバーに必要な情報サービスを届けてくれるシステムが入っているのです。

 

 

 

 

音声認識で目的地の検索やニュース、近隣スポットやお天気などの情報も検索できます。
また、クラウンだけの特別なサービスとして、専用のオペレーターに接続をして目的地近隣のホテルやレストランなどを予約できるオペレーターサービスも充実しています。

 

 

 

 

 

 

T-Connectサービスの内容にはこのようなものがあります。

 

 

 

ホテルの予約、レストランの予約、レストランや駐車場への案内、ロードアシスト24への取り次ぎ、夜間、休日診療機関の案内、レンタカーの予約引き継ぎ、保険会社への引き継ぎ、天気予報、ニュースの案内、車両位置追跡など。

 

 

 

 

これらのT-Connectサービスは有料サービスですが、3年間無料で利用できます。
事前に調べなくてもこんなことが車から簡単に検索できたら、生活もスムーズですよね。

 

 

 

 

また、LINEマイカーアカウントでは、ナビで設定した目的地やガソリン残量、移動予測時間や目的地の天気などもLINEのアカウントからトーク画面で確認ができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

音声で検索できたり、チャット画面で情報を引き出せたりとかなりIT化が進んでかなり便利になっていますね。

 

 

 

また、カラーラインナップも豊富に揃っています。通常カラー7色、特別カラー6色の計13色。車の色を選ぶのは女性も楽しくなりますよね。

 

 

 

通常カラー 7色

 

 

 

1.ホワイトパールクリスタルシャイン

 

 

 

 

 

2.シルバーメタリック

 

 

 

 

 

3.プレシャスシルバー

 

 

 

 

 

4.ブラック

 

 

 

 

 

5.プレシャスブラックパール

 

 

 

 

 

6.ダークブルーマイカ

 

 

 

 

 

7.プレシャスガレナ(クラウン新色)

 

 

 

 

 

 

特別カラー 6色

 

 

 

1.夜霧:よがすみ(ボルドーマイカメタリック)

 

 

 

 

 

2.紅:くれない(リッチレッドクリスタルシャインガラスフレーク)

 

 

 

 

 

3.茜色:あかねいろ(オレンジメタリック)

 

 

 

 

 

4.翡翠:ひすい(アルミナジェイドメタリック)

 

 

 

 

 

5.天空:そら(ピュアブルーメタリック)

 

 

 

 

 

6.碧瑠璃:へきるり(ダークブルーマイカメタリック)

 

 

 

 

 

クラウン新色のプレシャスガラナも出て、さらにユーザーを楽しませてくれますね。

 

 

 

新型クラウンの良い口コミは?

 

 

新型クラウンを試乗した方、注文した方の良いご意見をまとめてみました。いくつかの項目に分けてみてみましょう。

 

 

 

エクステリア

 

 

・洗練されたデザイン。

 

・見た目はかなりインパクトがあり、大満足。

 

・スポーティになり、お年寄りだけが乗る感がなくなった。

 

・実物の方が画像で見るより断然良い。フロントライト周辺は以前より格好良くなった。
全体的に若々しくなった。

 

・かっこいい。

 

・6ライトのファストバック風のデザインになり、フォーマルから伸びやかなカジュアルさが強調されている。

 

 

 

インテリア

 

 

・RSのブランノーブというアルカンタラっぽい素材のシートがスポーティさと高級感を両立していてクラウンにぴったり。

 

・とても気に入っている。

 

・十分。

 

・写真で見るより質感は高かった。デザインは悪くはないが、上部のディスプレイの外形はこのままでスクリーンサイズを1サイズ大きくして欲しかった。

 

 

 

エンジン性能

 

 

・スポーツモードの加速度が上品。グッという感じの後ろに引っ張られるような加速はなく、スーっという上品な加速感。

 

・極低速域の走行がスムーズ。その時のハンドリングが軽く、心地よい軽いさ。パワーステーションの制御が絶品。

 

・スポーツモードにするとエンジン主体の力強い走りを楽しめる。エンジンを回した時のエンジンフィーリングも気持ちい。

 

・元々3.5Lエンジンを使用していたので、普通に走るには満足。2.5Lでも通常走行だと全く問題ない。

 

・コスト面から2.5Lで後悔はしていない。

 

 

 

走行性能

 

 

・静か

 

・TNGA採用ということで、ハンドリング、コーナリング性能は素晴らしい。

 

・ワインディングを走ってきたが、ロールはかなり抑えられ良い感じ。ごつごつ感もなく良い。

 

・コーナー走行時の低重心設計の安定した走りに満足。

 

・ハンドルを切る際にも一発で角を曲がれる。

 

・ステアリングはやや重めではあるが、非常にコントロールしやすく、最小回転半径も5.3mと小回りも効くのでスイスイ思い通りに曲がれる。

 

・ガンガン曲がれるし安定しているので運転していて快適で楽しい。

 

・加速性能が上がっているように感じる。S字カーブやコーナリング等前期型のハイブリッドは前が重たくてコーナリングがややだるかったが新型はかなり改良されている。

 

・ロールが極小でかつ自然。カーブを+10kmで加速しても全く安定しているし、狙った通りに車が動いてくれる。

 

・クラウンは日本専用にセッティングされているので身体が疲れない。

 

 

 

乗り心地

 

 

・AVSとフロント、リア両方のマルチリンク式サスペンションがいい働きをしていて、素晴らしい乗り心地の良さを表現している。

 

・静粛性は異次元レベルで、特にざらついた路面でのロードノイズの遮音性は圧巻。

 

・これまで快適な車は他にないのではと思うくらい、文句のつけようがない乗り心地。
乗り心地は良い。

 

・モデリスタ19インチのタイヤを履いたのでごつごつ感を心配していたが、コンフォートモードでは前車アスリートの18インチタイヤよりも振動を感じない。

 

・申し分ない。

 

 

 

燃費

 

 

・80km走って12.2km/L。満足のレベル。燃費を気にするのであれば2.5HVがお勧め。

 

・1000km走って現在19.5km/L。かなり期待できる。エコ運転を促す表示もディスプレイに出るので便利。

 

 

 

価格

 

 

・進化しているにも関わらず値段が前期型とほぼ変わらないので高評価。

 

・下位グレードの値段が上がったが、標準装備の内容から考えると妥当。

 

・とても良くできていて安全装置や電動パーキングブレーキ、ブレーキホールド機能等、前期型に足りなかった部分も標準装備されているのに、価格がほとんど上がっていないのが素晴らしい。

 

・性能に十分に見合う価格。販売店の店長に、将来の下取りのことを考慮するとムーンルーフ、レザーシート、ハイブリッド、ホワイトパールは絶対につけたほうがいいとのこと。

 

 

 

総評

 

 

・世界レベルの車に変化した。

 

 

 

新型クラウンの辛口な口コミ

 

 

 

 

さて、それでは逆に辛口なコメントをまとめてみましょう。

 

 

 

エクステリア

 

 

特になし。

 

 

 

インテリア

 

 

・高級感をあまり感じられない。

 

・液晶モニターが2つになっていている点、操作をするモニターは傾斜が大きく時間帯により日光が当たり反射するので、設定画面などコントラストが低い画面は見にくい。

 

・ヘッドアップディスプレイはサングラスをかけると見にくくなる。だけど照度や位置を変えられるので問題ない。

 

・デジタルインナーミラーは、思ったよりも明るくはっきりと映りすぎて違和感を感じる。

 

・ウィンドウスイッチの台座部分がプラスチックで安っぽい感じがする。

 

・メーター部が以前よりおもちゃちっくでトヨタの高級セダンには思えない。

 

・小物入れの容量が減っている。

 

・ETCがグローブボックス内に移動したのでカードの出し入れが面倒になった。

 

 

 

エンジン性能

 

 

・動力性能をスポーツモードに変えても物足りない場面がある。

 

 

 

走行性能

 

 

・静粛性は期待していたほどではなかった。

 

 

 

乗り心地

 

 

特になし。

 

 

 

燃費

 

 

特になし。

 

 

 

価格

 

 

・高い。3.5?Sなら550万円が妥当。2.5HVは500万円。安全装置は今や軽自動車でも200万円クラスで付いているので、クラウンなら安全装備を含め基本的にフル装備が基本。オプションは本革シートと後部座席の装備などシンプルな構成にすることで無駄なコストを抑えてほしい。

 

 

 

総評

 

 

・旧型以前の持っていた良い意味でのフィーリングの軽さや圧倒的な静粛性、低速域での独特の乗り心地などは失われた。

 

・燃費だけ気にするのなら2.5HVがお勧め。RSが売れているようだが、Type-SやType-BにTRDなどのオプションをつけたほうがいいかも。

 

・レーダー探知機をつけてもらったが、レーダー探知機のOBD2がまだ新型クラウンに対応していなくて残念。

 

 

 

新型クラウンの評価と口コミまとめ

 

 

良い口コミ、悪い口コミをまとめてきましたが、ここで気がついたのは、皆さんのクラウンに対する期待の高さです。

 

 

インテリアや乗り心地の静かさなどは、普通レベルだと評価されず、驚くほどに改善されていないとなかなか満足の域に達するのが難しいことがわかりました。

 

 

 

また、こうまとめてみますと、エクステリア、乗り心地、燃費の観点からは悪い意見が出てこなかったことも注目したいところです。

 

 

外見のデザインや静粛性、ハンドルさばきなどの乗り心地、燃費効率は文句なくドライバーを満足させてくれるものに仕上がっているということですね。

 

 

 

クラウンはある程度の年齢に達した方々の高級車というイメージがありましたが、若者に受け入れられるよう、外国産の車の影響も受けて、独自の長所を活かした形へ進化していると言えます。

 

 

新車が値引き金額より安くなってしまうコツとは?

 

 

とにかく新車が欲しい!という方の悩みは・・・

 

 

欲しい新車が予算オーバーだ…

 

値引きで安く買いたい…

 

ディーラーを回るのは面倒くさい

 

新車をお得に最安値で手に入れたい!

 

ディーラーの売り込みが嫌

 

 

など、欲しい車を買いたいけども
どうしたらいいのか悩んでいる方は多いです。

 

 

家族や周りの友人に相談しても

 

知らなかったり、「安いのでいいじゃない?」と
だけしか言わずなんの相談にもなりませんでした。

 

 

ところがネットで調べまくってみたら、
見つけてしまいました!

 

 

凄い裏技を・・・

 

 

私が6年間乗っていた車を
ディーラーでの下取りが、15万円でした。

 

 

正直、もう少しほしいところでしたし、

ディーラーの下取り額はとても安いです。

 

 

「もうこれで諦めるしかないのか・・・」と

思っていた時に、ある方法をやってみたら・・・

 

 

なんとビックリ!

 

 

60万円も安く新車を購入することができたんです。

やっぱり新車は最高ですね!

 

 

私がどうやってずっと欲しかった新車を
安く買うことができたのか?

 

 

今、欲しい車がある方にコッソリ教えちゃいます!

その裏技とは・・・

 

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うべし!

 

 

下取りは絶対に一括査定のサイトを使って下さい。
これ重要なんです。

 

 
;

例えば、ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あるからです。

 

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

 

 

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります

 

 

査定