新型クラウン2018の納期情報!

下取りは絶対に一括査定サイトを使うべし!

 

 

下取りは絶対に一括査定のサイトを使って下さい。
これ重要なんです。

 

 

例えば、ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あるからです。

 

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

 

 

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります

 

 

査定

 

 

新型クラウン2018の気になる納期などについて、いろいろまとめてみました。

新型クラウン2018は、大人に似合う高級感あふれるイメージはそのままに、イマドキの安心さを兼ね備えていて、再びクラウン人気に火がついているようです。

果たして、注文後の納期はどのようになっているのか、気になりますね。

「いつかはクラウン」という大人気になったキャッチコピーをご存知でしょうか。
大人が憧れたそのクラウンが、新型となって2018年6月に発売されました。

 

 

 

新型クラウン2018の納期状況は?

 

 

 

 

この度、新型クラウン2018が発売になりました。
クラウンと言えば、日本が誇る高級車の一つ。

 

 

 

久しぶりの発売であること、そしてその人気に思わぬ過熱ぶりもうかがえます。
そのため、注文後の納期について、どのくらいになるのかとても気になるところです。

さっそく最新情報をまとめていきましょう。

 

 

 

トヨタの公式ホームページによると、9月6日時点において、注文から工場出荷時期の目途としては約1ヶ月以内、3.5Lハイブリッド車は約2ヶ月程度、また2.5Lハイブリッド車は約3~4ヶ月程度になっています。

 

 

 

 

やはり、人気の2.5Lハイブリッド車は、他よりも少し時間がかかりそうです。

 

 

 

 

また、特別なオプションや機能、それらの組み合わせを希望した場合は、設定するのに時間を要することもあり、それ以上の日数がかかるようです。

 

 

さらに、その後に、工場から販売店までの輸送や、その販売店での納車準備などに時間が掛かるようで、具体的な日にちに関しては掲載されていません。

 

 

 

工場出荷後は、販売店の事情や、力量次第ということでしょう。

 

 

 

実際、販売店によってそれぞれ違いはあるようで、特に工場から離れた地域にある販売店は、輸送時間などを始めとして、より多くの時間がかかるようです。

 

 

それはそうと、注文した側からすると、このようにホームページで直接確認できるのはウレシイことですね。

 

 

 

また、だいたいの予測ができるので、販売店への問い合わせもしやすくなるでしょう。
購入前も購入後も、日頃からの販売店とのコミュニケーションは大事なことです。

 

 

 

新型クラウン2018の納期は遅れてるのか?

 

 

 

 

新型クラウン2018は、発売当初から一気に人気が出始めました。
そのため、その頃の納期は、予定よりもすでに少し遅れているようでした。

 

 

 

ちなみに、発売当初の6月末での納期は、どれも平均して約3か月ほどでした。

 

 

 

その後、7月に入っても人気がとどまらず、発売から1ヶ月後の7月末での納期は、長くて4ヶ月ほどかかるものもありました。

 

 

それらの詳細としては、3種類あるエンジンのうち、2.5Lハイブリッド車が3~4ヶ月程度と一番長く、それ以外は1~2か月程度となっています。

 

 

 

というのも、もともと想定していた販売台数は、月4500台であるためです。

 

 

現在でも、同じくらいの納期ということなので、発売当初の納期よりは、種類によって少しだけ短くなっているものもあるようです。

 

 

 

納期遅れについて、考えられる理由を少しまとめてみましょう。

 

 

 

 

 

 

まず、思わぬ人気の高さが考えられるでしょう。

 

 

人気が高いモデルのものは、やはり集中してしまうので、自分の手元に来るまでに時間がかかります。

 

 

 

今回の新型クラウン2018は、その質の高さなどから大人が購入するのが多いことは、ある程度想定できました。

 

 

 

その詳細な理由として、クラウン本体の価格もさることながら、付属のオプションなども価格が高いものが多いため、合計額がより高くなってしまうので、購買層としては、経済力のある40代以上の大人が中心になるだろうと考えられたためです。

 

 

 

 

しかし、今回は今まで以上のスポーティーで優美なデザインが若い世代にも受け入れられたというのが大きく影響しているようです。

 

 

しかも、コネクティッドカーという、新しいサービスも標準装備されています。

 

 

 

こちらは、トヨタスマートセンターとつながっていて、24時間365日3年間無料で、走行中もいろいろとアシストしてくれます。

 

 

 

 

 

 

例えば、ナビの目的地設定や、レストランやホテルの予約、国内航空券の予約、レンタカーの予約などはもちろん、電話をかけることもでき、保険会社の取次などもしてくれるという、大変便利なものです。

 

 

 

もちろん、4年目以降も契約を希望すれば、継続できます。

 

 

また、クラウン用のLINEアカウントもあります。

この、新しくて安心のフォロー体制が若い世代の好奇心をくすぐったのかもしれません。

 

 

また、そこから今までは興味が無かった人も、今後についても伸びが期待できそうです。

 

 

 

となると、やはりこれから注文する人は、さらに納期が遅れてしまう可能性もありそうです。トヨタには、あまり遅れることのないように、ぜひ頑張ってもらいたいところですね。

 

 

 

新型クラウン2018は1ヶ月で3万台売れた!

 

 

 

 

発売当初の若干の納期遅れの件はさておき、新型クラウン2018について、最新の情報では、なんと1ヶ月で3万台も売れたとの情報があります。

 

 

これは、トヨタからの情報で、好調な受注状況をアピールしたものでした。

 

 

 

月の販売台数として、4500台を想定していたわけですが、実に約7倍も売れたとなると、うれしくて発表にもつい力が入りますよね。

 

 

 

なお、その受注の内訳については、この新型クラウン2018のエンジンは3種類ありますが、2.5Lハイブリッド車が一番人気で受注の約80%を占めており、次に3.5Lハイブリッド車が15%、残りが5%という内訳でした。

 

 

 

それにしても、1ヶ月に3万台というのは、こういった高級車ではなかなか見られないことです。

 

 

価格を考えてみれば、購入を決断するには、かなりの勇気が必要となるでしょう。

そういった心の葛藤を経て、購入するというのは、やはりクラウンのクラウンたる人気と、高級感あふれるイメージの良さが魅力となっているからかもしれません。

 

 

 

この新型クラウン2018の正面から見た時の低めで重厚な落ち着きと、緩やかに流れるようなきれいなラインが特徴の両サイド、おしゃれな雰囲気も兼ね備えた外観は、やはり魅力的です。

 

 

 

さらに、内装もより充実していて、シンプルでモダンなイメージに仕上げつつ、運転しやすく、広い心地よい空間になっています。

 

 

 

 

 

 

実際に注文した人たちは、どんな人たちが多いのでしょうか。

 

 

 

全体的にみて、仕事もプライベートも充実している世代であろうと思われる40代がやはり一番多いようです。

 

 

まさに「いつかはクラウン」を経て「そろそろクラウン」と言ったところでしょうか。

その次は、これからいよいよ本格的に仕事やプライベートを楽しむ世代になってきたという30代と、円熟世代の50代以降といったあたりの人たちが多いようです。

 

 

そして、第2の人生を歩きだした60代以上の人たちは、「最後はクラウン」派とでもいいましょうか、人生最後の車として新型クラウン2018を選ぶ人もいるようです。

 

 

 

それぞれの想いを載せた新型クラウン2018。
あなたはどんな想いで購入するのでしょうか。

また、今後の注文状況も、気になるところですね。

 

 

 

新型クラウン2018の納期「まとめ」

 

 

さて、新型クラウン2018の納期について、まとめてみましょう。
結論からすると、やはり若干遅れているということは否めないでしょう。

 

 

 

気になるのは、実際の時期ですが、平均的には3ヶ月~4ヶ月といったところです。
これから注文数が増えるにしたがって、さらに遅れてしまうのは必須かもしれません。

 

 

 

少しでも早く納車してもらいたいと思うならば、早めの決断をすることをお勧めします。
すでに注文済の場合は、トヨタの公式ホームページでの情報をチェックしてみましょう。
納車がとても待ち遠しいですね。

 

 

新車が値引き金額より安くなってしまうコツとは?

 

 

とにかく新車が欲しい!という方の悩みは・・・

 

 

欲しい新車が予算オーバーだ…

 

値引きで安く買いたい…

 

ディーラーを回るのは面倒くさい

 

新車をお得に最安値で手に入れたい!

 

ディーラーの売り込みが嫌

 

 

など、欲しい車を買いたいけども
どうしたらいいのか悩んでいる方は多いです。

 

 

家族や周りの友人に相談しても

 

知らなかったり、「安いのでいいじゃない?」と
だけしか言わずなんの相談にもなりませんでした。

 

 

ところがネットで調べまくってみたら、
見つけてしまいました!

 

 

凄い裏技を・・・

 

 

私が6年間乗っていた車を
ディーラーでの下取りが、15万円でした。

 

 

正直、もう少しほしいところでしたし、

ディーラーの下取り額はとても安いです。

 

 

「もうこれで諦めるしかないのか・・・」と

思っていた時に、ある方法をやってみたら・・・

 

 

なんとビックリ!

 

 

60万円も安く新車を購入することができたんです。

やっぱり新車は最高ですね!

 

 

私がどうやってずっと欲しかった新車を
安く買うことができたのか?

 

 

今、欲しい車がある方にコッソリ教えちゃいます!

その裏技とは・・・

 

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うべし!

 

 

下取りは絶対に一括査定のサイトを使って下さい。
これ重要なんです。

 

 
;

例えば、ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あるからです。

 

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

 

 

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります

 

 

査定