新型ジムニーの納期短縮するには?ブログで解説!

下取りは絶対に一括査定サイトを使うべし!

 

 

下取りは絶対に一括査定のサイトを使って下さい。
これ重要なんです。

 

 

例えば、ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あるからです。

 

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

 

 

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります

 

 

査定

 

 

新型ジムニーの納期短縮策などについてまとめてみました。
あまりの人気ぶりに納期がどんどん先延ばしになってしまっているという情報があります。

待ち焦がれている多くのジムニーファンにとっては、落ち着かない状況ですね。
そんなファン心理に応えるべく、メーカーのスズキは納期短縮に向けて頑張ってくれているようです。

 

 

 

新型ジムニーの納期はいつなのか?納車情報!

 

 

新型ジムニー

 

 

1970年に初めて発売されてから、はや48年。

 

その間に幾度となく改良を重ねていましたが、20年ぶりに新型ジムニーが発売されることになりました。そのニュースが流れると、早くも人気に火がつき、今ではもう生産が追いつかないほどの受注台数になっているようです。

 

 

しかし、なぜジムニーはこんなに人気があるのでしょうか。

 

 

 

一時はパジェロなどのRV車が人気の時代がありました。
しかし、最近はSUV車の人気とともに多く普及していたために、どんどん影が薄くなってしまい、根強いファンとともに、ジムニーだけが勝ち残ったような感じです。

 

 

 

軽自動車なので、コンパクトで使い勝手も良く、以前からのジムニーのこだわりと技術はそのままにしながらも、乗り心地を改善したり、安定した操縦性や最新のシステムを搭載したりして、より安全性を高めています。

 

 

また、ジムニーは、他の車種と比べて似たようなものがないので、ちょっとした特別感があり、それが人気の秘訣にもなっているかもしれません。

 

 

 

そして今回は、ジムニーと同時に、ジムニーシエラも発売されます。

 

 

 

ジムニーシエラ

 

 

 

こちらのほうも、なかなかの人気で、やはり発売当初から注文が着実に増えているようです。長年待っていた根強いファンはもちろん、新しく新型ジムニーに魅力を感じて購入しようとしている人も多く、みなさん心待ちにしていることでしょう。

 

 

そのせいもあって、発売当初から大変多くの注文が殺到しているようで、早くも生産が追いつかない状態のようです。

 

 

 

最近の納車情報などをチェックしてみました。

 

 

 

早速ですが、今回発売されるジムニーは、具体的にはいつ頃納車されるのでしょうか。
ディーラーによっても、地域の販売店によっても違いがあり、はっきりとはいえない状況ですが、大体まとめると半年から1年くらいかかりそうだと言われているようです。

 

 

 

また、今回の生産ラインは、静岡県湖西市の湖西工場になっていて、その地域かもしくは近隣の販売店であれば、移送する時間を考えれば、少しは納期が短くなるかもしれません

 

 

ほんの数日でも、早く手に入れたい場合は、その周囲のディーラーや販売店を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

それはさておき、7月5日の発売当初、それでも納期は3~4か月だったのですが、どんどん注文が増え、最大では既に1年半以上の納期になっています。

 

 

さらに、今でも、毎月の生産台数をはるかに超えるほどの人気です。

その結果、現在でもなかなか納期がはっきりしない状況が続いています

 

 

 

すぐ乗りたい気持ちを抑えつつ、楽しみは後にとっておくくらいの心の余裕がないとダメかもしれませんね。とにかく、なるべく早く納車されることを期待したいですね。

 

 

 

新型ジムニーの納期が短縮する?

 

 

新型ジムニー納期

 

 

 

注文してから1年以上も先の納車となると、さすがに長すぎて、気がかりですよね。
さらに、スズキのみならず、各メーカーさまざまな特徴を持った魅力ある車を生産しているので、ついつい浮気心も出てきそう。

 

 

 

また、車検が迫っているなどの乗り換え用として、急ぎで必要な場合は、大変困ります。

もちろん、それでも大好きなものは待てるという人もいるでしょうが、その1年の間に、他に気になる車が出てきてもおかしくはないかもしれません。

 

 

スズキにとっては、想定していた以上の受注で、ウレシイ悲鳴と同時に、この多くの受注に対してどう対応したらいいかなどの混乱を招いているようでもありました。

 

 

 

結果的には、あまりの受注台数の多さに、早速、スズキの会長が動きだし、この度生産ラインの拡大を指示しました。

 

 

ひょっとしたら、ジムニーを心待ちにしているファンの気持ちを察してくれたのかもしれません。何よりも、会長自身のジムニーに対する思いの強さかもしれませんね。

 

 

 

会長のこの指示の結果、8月に入ってから大幅な生産計画の変更が行われて、対応に追われているようです。

 

 

具体的には、今まで一本だった生産ラインを二本にして、納期を半分にするようにということ。これだけでも単純に2倍早くなりますね。

 

 

 

他のスズキ車ファンには申し訳ないですが、これはもう、ジムニーの買い手にとっては大変うれしいことです。

 

 

ちなみに、当初の年間生産台数は、15,000台でした。

 

 

 

この生産ラインの増設策をもって、当初の目標台数より多く生産することができるようになるのは確実です。

 

 

これで少しは納期の短縮が図れるでしょう。

 

 

 

しかし、現在も注文件数が多くなっていることを考えれば、生産ラインを二本にしたところで、納期が短縮されるというのにも限界が来そうです。

 

 

国内だけでなく、海外でのさらなる生産ラインの増加や、流通のしくみが改善されることも期待したいところです。

 

 

 

新型ジムニーは納期が遅れてる?

 

 

新型ジムニー

 

 

 

まずは、生産ラインが増加するのは大変うれしいことです。

 

 

とはいえ、他のスズキ車への影響はもちろんのこと、生産ラインで働くみなさんにとっても大変なことになります。

 

 

 

一人一人の労働時間が増えてしまう可能性や、それから起こりうるいろいろな弊害が考えられます。その結果、結局納期遅れになってしまう場合もありそう。

 

 

 

なるべく早く手に入れたいファンのためにも、ここは慎重にお願いしたいところですが。
しかし、こうしている間にも、ジムニーの人気は衰え知らず。

 

 

 

8月に入ってからの注文ですと、そこから約9か月以上の待ちが予想されているようです。
しかも、その納期も確定ではなく、よりアバウトなものになってしまっています。

 

 

 

生産ラインを増やしても間に合わないほどの人気とは、スゴイの一言ですね。

 

 

 

さらにジムニーシエラに関しては、約1年半以上も待たなければならないのは確実との情報もあります

 

 

どちらにしても、年内の納車は無理のようですし、これはもう、気長に待つよりほかにないでしょうね。

 

 

 

新型ジムニー納期短縮『まとめ』

 

 

いよいよ満を持して20年ぶりの発売になる新型ジムニー。

 

 

ずっとこの日を待ち焦がれていたファンにとっては、待ちに待った記念日になりそうです。その人気はうなぎのぼりで、7月末時点では約1万台の受注があったようです。
となると、7月だけで年間生産台数の3分の2以上にもなります。

 

 

 

あまりの人気ぶりに納期が大幅に遅れるような事態が発生していまい、戸惑っている人も多いのではないでしょうか。

 

 

受注台数からみても、納期はやはり最低でも1年は覚悟しないといけないと思っていたほうがいいかもしれません。

 

 

 

もしもこれから注文する場合は、さらにその先の1年以上は考えておかないといけない事態になるでしょう。

 

 

 

新型ジムニーを買うには、ある程度の覚悟が必要な気がしてきました。

 

 

今やもう人気車種は、1年後の納車が当たり前になってしまうのかもしれません。

しかし、それだけ受注が多いということは、ジムニーにはやはり魅力的なところがたくさんあるということでもあります。

 

 

それでもぜひ買いたいと思う人は、なるべくお早めに決断することをお勧めします。
全てを経て納車されたジムニーには、きっと溢れんばかりの愛着を感じそうです。

 

 

新車が値引き金額より安くなってしまうコツとは?

 

 

とにかく新車が欲しい!という方の悩みは・・・

 

 

欲しい新車が予算オーバーだ…

 

値引きで安く買いたい…

 

ディーラーを回るのは面倒くさい

 

新車をお得に最安値で手に入れたい!

 

ディーラーの売り込みが嫌

 

 

など、欲しい車を買いたいけども
どうしたらいいのか悩んでいる方は多いです。

 

 

家族や周りの友人に相談しても

 

知らなかったり、「安いのでいいじゃない?」と
だけしか言わずなんの相談にもなりませんでした。

 

 

ところがネットで調べまくってみたら、
見つけてしまいました!

 

 

凄い裏技を・・・

 

 

私が6年間乗っていた車を
ディーラーでの下取りが、15万円でした。

 

 

正直、もう少しほしいところでしたし、

ディーラーの下取り額はとても安いです。

 

 

「もうこれで諦めるしかないのか・・・」と

思っていた時に、ある方法をやってみたら・・・

 

 

なんとビックリ!

 

 

60万円も安く新車を購入することができたんです。

やっぱり新車は最高ですね!

 

 

私がどうやってずっと欲しかった新車を
安く買うことができたのか?

 

 

今、欲しい車がある方にコッソリ教えちゃいます!

その裏技とは・・・

 

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うべし!

 

 

下取りは絶対に一括査定のサイトを使って下さい。
これ重要なんです。

 

 
;

例えば、ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あるからです。

 

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

 

 

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります

 

 

査定